読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リッツクラッカーの評価 2017年度

人気
味は日本人向きにしたというが!以前のリッツを長年食べてきた者からすると!正直この味には多少の違和感を禁じ得ない。もしこの両者が、お互いのことにばかり気を取られていたら、いつかはこの両者の上を行く新たな勢力が出てくるとも限らない。今まで食べてきたリッツに比べボサついた歯ごたえです。

2月25日 オススメ商品!

2017年02月25日 ランキング上位商品↑

リッツクラッカーリッツクラッカー S(128g)【リッツ】

詳しくはこちら b y 楽 天

メーカーに対しては、今後もこの商品名を貶めず、プライドをかけてより良い品質の向上を目指し切磋琢磨してもらいたい。クラッカーにしても!以前はリッツの独壇場だった。だが、そんな両者の比較だけで済むような浅い話ではないのではないかと、自分は予想している。今回の出来事は、ニュースやネットでも大いに取り上げられ、雑誌や新聞でも様々な記事が掲載された。だが、今回のライセンス解消・独立生産でYBCという選択肢が増えたとも言える。けどやっぱり国産が良いなぁ。何故なら、今の日本人は昔ほど米を食べなくなった。しかしその内容は、両者の違いや今後のマーケティング予想が中心で、あくまで「両者」について限定されたものばかりであった。しかし!やはりこの知名度は誰が見ても納得だ。だが!知名度を上げるには!まだまだ相当な時間を要するだろう。焼きムラ防止の孔も従来品に比べ大きくいびつです。我々消費者からすれば、商品の選択肢が広がれば、より自分に合った商品を選びやすくなる。つまり食事の多様化を考えれば!大手メーカーが今回の両者の解消劇を機に!何か考えていてもおかしくはない。例えば、かつて独壇場に思われた麦芽飲料、スナック菓子、製麺類その他の分野において、後に他社から発売された強烈な商品ブランドにより、あっさりと追い越されてしまったという経緯を我々は知っているからだ。リッツとそんなに変わらなくて、思ってたよりは全然美味しいです。。それ故に今の日本市場において!トップを保ち続けることの難しさ!厳しさを軽んじてはならない。今回のライセンス解消で、リッツは新たに生まれ変わった。また!知名度の上に安穏としてしまえば!将来思わぬことにもなりかねない。YBCが作り出す味には!今でもコアなファンも多い。主食の代用としている人も多いだろう。我が国には!日本人の繊細な味覚や顧客の要求を存分に満たす優秀な食品メーカーがひしめき合っているからだ。